BIGLOBEの速度と魅力について

通信速度

BIGLOBE SIMの場合、docomoの375Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、BIGLOBE SIMならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

BIGLOBE SIMの3日間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っていました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限がかけられておりましたが、72時間制限が撤廃となりました。ということで、BIGLOBEの格安SIMにおいては、どの程度、データ通信を消費したか心配する必要はもうないんです!使いたいときに使える。それが嬉しい!

BIGLOBEの格安SIMの料金と解約

BIGLOBE LTEのプランごとの料金体系について説明します。今のスマホの月々の料金と比べながら、どの程度コストを削減できるか考えてみてください。 BIGLOBE LTEの料金プランを見てみましょう。

BIGLOBE LTEの月額プラン

BIGLOBE LTEのプランは、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データSIMの月額費用は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

解約制限について

最低利用期間と解約違約金に関して、説明していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、8,000円の解約手数料が必要になります。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

BIGLOBE LTEの特徴まとめ

BIGLOBE SIMはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますこの格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。BIGLOBE SIM 独自のサービスとして、エンタメフリーというものがあります。これがとてもお得なのです!こちらのサービスの魅力。それは、今人気のYouTubeから、Google Play Music・Apple Music・AbemaTV・radikoなどなど…多様に対応した、月額のストリーミングサービスなのです。これがあれば、通信量を気にせず無制限で利用できちゃいます!そんな訳で、今回は、BIGLOBE SIMがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomo回線網を利用した格安SIMサービス

BIGLOBE LTEの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。それだけではなく、BIGLOBE LTEから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

SIMフリースマホの種類が種類豊富

BIGLOBE LTEの対応端末をお持ちでない場合、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEで取り扱っているスマートフォンは、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。

データ通信量のくりこし対応

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。しかしBIGLOBE SIMであれば、このような場合にも、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するBIGLOBE LTEの魅力が、いっそう光ります。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

通話料が半額で済む、BIGLOBEでんわ

電話代を半額にしたいならBIGLOBEでんわが良いです。IP電話と違い、このプレフィクス型電話サービスは、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。なので、相手にはいつもどおりの電話と何ら変わりありません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使いにくいところがありましたが、BIGLOBEでんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題とは?

NTTドコモには「カケホーダイ」、auには「電話カケ放題プラン」、SoftBankには「通話し放題プラン」がありますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。BIGLOBE LTEの新サービス、月額650円で、1回3分の通話が回数制限なく無料になるという「3分かけ放題」が登場です。このは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。BIGLOBEでんわをご利用ならば、通話料金は1分間約22円ですので、一月の通話時間が1時間を超えるようなら3分かけ放題の利用をおススメします。

最大60分の無料通話付き!””通話パック””がお得!

そして、このBIGLOBE SIMには、3分までの通話ならば幾らでもかけ放題の月額650円のプランとは別に、オプションで通話パック60というものがあります。この通話パック60は、月額料金650円で1,200円分に相当する無料通話が追加されてくるサービスです。いつも短時間で電話が終わり、3分以上話すことがないという方には、3分かけ放題の方が圧倒的にオススメとなっておりますが、「今日は友達と長電話しちゃった、通話料金が心配」という方なら、「通話パック60」のオプションもつけられる方が断然オススメです。自分に適している通話オプションを考えてみてはいかがでしょうか。

初月は料金が無料に!

格安SIMをBIGLOBE SIMで契約すると、契約した最初の一か月間は料金はかからず無料になります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。

終了間近のキャンペーン!!

楽天モバイルのプランや速度について徹底分析!

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルで申し込みができる料金プランとそれに掛かる費用について紹介します。現在使っている携帯代と比較しながら、費用がどれくらい安くなるのかを読んで比べてみてください。 月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルのプランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外のプランは、LTEというドコモの262.5Mbpsの高速回線が使えるものです。初期費用として3,240円が必要になります。ただし、端末を購入する場合は別途端末代が必要になります。

解約違約金

楽天モバイルの解約縛りと解約違約金について、解説していきます。データSIMについては、決まった利用期間はありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9800円です。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

楽天モバイルの通信スピードに関して

楽天モバイルでは、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので通信速度の信頼性はいうまでもないです。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの3日制限

楽天モバイルでは、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされました。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 定められたデータ容量を超えた人に対して、今までは速度が制限されていましたが、2016年より3日制限が撤廃されたのです。ということで、楽天の格安スマホに関しては、音楽や高画質写真をダウンロードしても、3日制限の心配をする必要はありません。72時間制限撤廃は本当に嬉しいですね。

楽天モバイルのチェックポイント

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに、楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるキャンペーンを実施中です。これから楽天モバイルへのMNPを検討中の方の為に、楽天モバイルのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った激安なスマホ!

お得なサービスの楽天モバイルは、NTTドコモの回線を利用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。docomoで販売されているスマホなら、多くの機種がそのまま楽天モバイルでも利用できます。そのほか、セット販売されているSIMフリースマホを購入することでも利用可能です。ドコモのスマホを使っている人であれば、SIMカードだけで契約することができますので、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。楽天モバイルは安い月額料金で信頼のおけるドコモ回線が利用できる格安スマホといえます。

セットのSIMフリースマホがよりどりみどり

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、新たに楽天モバイルに対応したスマホ本体をご購入頂くことになります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。唯一の弱点を挙げるとすれば、スマートフォンやタブレットの支払いは、楽天カードでないと分割支払いできない,という点です。お手元に楽天カードが無い場合、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。しかしながら、MVNOの中では端末の種類が最多であり、選ぶ幅が広いという点は、楽天モバイルの最大の魅力であるといえます。

高速通信容量の繰越し対応!

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。楽天モバイルであれば、次の月に繰り越して使うことができるので、無駄なくお得です。利用しきれなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができないMVNOもあるため、この点、楽天モバイルの魅力の一つと言えます。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料が半額になる、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、自分の電話番号が相手側にお知らせされます。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。IP電話のサービスは、その多くが非通知のみでの発信だったり、050の番号が相手に通知されたりするため、IP電話が使いづらいと思っている人も少なくありません。その点、楽天でんわは非常に使い勝手が良いとお分かりいただけたとおもいます。楽天でんわでの通話料金は、通話代とともに、ポイントも同時にたまっていくので、ますます値打ちがありますね。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分カケホーダイ

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。大手携帯キャリアと比較して月額料金が安いことがMVNOのメリットですが、その一方で通話料金が割高なのではといった心配の声に応えるように、新たなサービスが開始されました。楽天モバイルでは月850円で、何度でも最初の5分間が無料になるという「5分かけ放題」オプションが利用できます。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、発信者番号通知に対応しているため、楽天でんわなどと同じように使用でき、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。NifMoの通話し放題サービスでは、電話をかけた側の電話番号が表示されないことが多いと言われています。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので毎日2分は電話する人にはお勧めのオプションですね。

到着月は料金が無料に!

今、格安スマホの楽天モバイルではSIMやSIM+本体の契約をすると、契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。つまり、届いて使い始めた日によっては、丸々1ヶ月分得をしてしまう。ってことになります。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。

終了間近のキャンペーン

UQモバイルの最新キャンペーン情報と評判をレポートしてみた!

UQモバイルの通信速度

たくさんのMVNOがありますが、その中でもUQモバイルは、なんといっても優秀なのが、通信速度の速さと安定性です。格安SIMアワード2015の結果を見ても分かるように、UQモバイルは通信速度部門で1位を受賞しています。速度を一番に考えたい場合には、UQモバイル以外には考えられないでしょう。MVNOそして格安スマホの成長は、この先さらに加速するでしょう。

UQモバイルでの通信制限

どのMVNOでも変わりませんが、利用者が平等に快適に利用できるように、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められた量以上のデータを通信したユーザは、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。各契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、各プラン共通で直近3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの気になるポイント

UQモバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、AUの回線を利用しています。NTTdocomoやau・ソフトバンクなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。UQモバイルの格安スマートフォンなら、なんと月額1,980円で使用でき、大手キャリアと比べるとかなりお得なので、大人気になっています。UQモバイルの特徴はAUと同じ回線を使っているという点で、通話のクオリティや電波の範囲などはAUと同じです。UQモバイルでは、他社と違って、無料通話が付帯したプランがあるのも特徴的です。UQモバイルって何?という方の為にも、UQモバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!UQモバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

AU回線網を利用した激安なスマホ!

UQコミュニケーションズでは、AUの回線を利用している「UQモバイル」を提供しています。そのため、通話品質もAUと変わらず、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。それだけではなく、UQモバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。AUの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

VoLTEプランも用意

UQモバイルはMVNOの中でも早くからVoLTEに対応したことで話題となりました。それまでの音声通話と比較して、VoLTEでは優れた音質での通話をすることが出来、この呼称は一番新しい通話方式に用いられています。今までの通話方式では、周波数、300Hz〜3.4kHzの音のみ拾えました。VoLTEの周波数帯域は50Hz〜7kHz。今までカットされてしまっていた低音部、高音部を幅広くカバーしています。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。このVoLTE対応というのは、UQモバイルのメリットの一つでもあります。

容量繰越しも可能

UQモバイルを利用すれば 、データ量の翌月くりこしにも対応していて、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、余ったデータ容量を無駄にすることなく、安心して使用できます。また、UQモバイルならではの売りとして「ターボ機能」なるものがありまして、これを使用してデータの通信速度をいつでも低速または高速に切り替えられます。この機能を使えば無駄にデータを消費してしまうのを防ぐことができるので非常に便利です。

UQモバイル料金プラン

UQモバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。お使いのスマホ料金と比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、把握してみてはいかがでしょう。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

料金と初期費用

UQモバイルの料金プランは、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。音声通話SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データSIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQモバイルの解約違約金

違約金について、説明していきます。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。音声通話SIMだと、1年間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、違約金として9500円が費用となりますのでご注意ください。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

UQモバイルの評判

まず、UQモバイルを選ぶ利点として、業界トップの通信速度を実現していることでしょう。
通信速度の速さを高く評価する口コミなども、ネット上でよくみかけます。料金プランについてはバリエーションが少なかったり、料金面で不満が残るところもありますが、それを含めても、とても優れた格安SIMだと言えます。お手軽にスマホを持ちたい時には、一度考える価値のある一品となるでしょう。

口コミでも評価の高い通信の実効速度

UQモバイルの一番の長所を挙げるならば、他のMVNOと比較して、極めて高速で安定した通信が出来るところだと思います。さまざまなMVNOを利用している私でも、高速な通信を安定して確保できる点を評価しているため 、全般的にUQモバイルを使用しています。MVNOを使うにあたって、通信速度を1番に気にする方に、「どのMVNOならば高速だろうか?」と聞かれたときは、確実にUQモバイルを挙げるでしょう。他社と比べると確かにわずかに一月あたりの料金は高くなりますが、安定した高速通信でストレスを感じずにいられるので、こちらで間違いありません。

【終了間近】キャンペーンの詳細

Umobile(ユーモバイル)の通信速度について徹底比較!

ユーモバイルの通信速度について

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもUmobileは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。
格安SIM速度

Umobileの通信制御

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度の制限をしています。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。Umobile公式サイトを確認しましたが、規定通信量の明記はありませんでした。

Umobileのチェックポイント

MVNOの中に、Umobileがありますが、動画配信サイトでよく知られているU-NEXTが運営しているMVNOです。運営会社である株式会社U-NEXTは、2010年に独立してからわずか5年で東証一部に上場、東証一部上場企業ということで安心して利用することができ、新興企業ながら、すでに代表的なMVNOの一つに数えられる存在になっています。MVNO業界では、珍しく、LTE回線の高速通信使い放題プランがあるのも特徴です。高画質な動画などをストレスなく見たいというような人はLTEを使い放題にできるUmobileが絶対のおススメです。前置きはこの辺で、Umobileの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!Umobileについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoエリアで使える格安スマホ

Umobileはdocomoと同じ回線を使用しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、docomoと同様のエリアでサービスが利用可能なため、つながりやすさもお墨付きです。Umobileで使える機種は、docomoと共通して使えるものも多いです。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。docomoのスマホをお持ちの方であれば初期費用としてはSIMカードの契約だけとなりますので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。Umobileはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

LTEの高速回線使い放題!

LTE無制限プランを設けることによって、Umobileはオリジナリティを打ち出していますが、LTE無制限プランがある格安SIMは類を見ないため、Umobileに大きな注目が集まったことは当然のことでした。LTEの高速回線を容量制限なく使いたい方にとって、容量を気にせず利用できるのでとてもありがたいプランだと思います。しかも月額の料金はLTE通信を使い放題にも関わらず3000円を切る設定。大手の通信キャリアと比べても、非常に低価格となっており、節約志向の方にはぴったりです。毎月の利用料金を節約したいと考えている人には、Umobileがおすすめです。高速通信を頻繁に使うというユーザーの方にはイチオシのMVNOです。もっと詳しくLTE使い放題プランについて知りたい方は、ぜひUmobile公式サイトをのぞいてみて下さい。

即日MNPもできる!

Umobileを使用するメリットは様々ありますが、今お使いの携帯番号を乗り換え後直ぐに使用できる即日MNPも大変便利です。UmobileではMNPの手続き方法として、「自動方式」と「届け出方式」の2種類を用意しており、ネット上でかんたんな手続きをすることにより、即日MNPが実現しているのです。かつては、店頭に出向かなければ、即日MNPをすることはできませんでしたが、今では、自宅の外にいても在宅したままでもMNP切り替えは即日でできるのです。MNPの手続きを行う際に、しばらくの間は携帯が使えないのがネックで、格安スマートフォンに乗り換える事ができなかった方にとって、嬉しいサービスですね。やり方としては、新しいSIMカードが?元に届いてから、Umobileの会員専用ページで回線を切り替えるため、ワンクリックするだけです。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。

U-NEXTの格安スマホの料金と初期費用に関して

Umobileの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、考えながら見ていただければ良いと思います。それでは、早速、料金プランの詳細を見てみましょう。

料金プラン・初期費用

Umobileの月額プランは、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金プランは、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

音声通話ができるSIMに適用される「LTE使い放題2プラン」というのは、最低でも12ヶ月間は継続利用することを条件とする代わりに、LTE使い放題プランの2,980円から、250円安く済む格安のサービスです。

Umobileの最低利用期間

解約制限と違約金に関して、解説していきます。UmobileのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。解約手数料は無料なので、安心です。しかし、音声通話SIMは最低6ヶ月利用しなければいけないという規定があります。最低利用期間内である6ヶ月以内に解約してしまうと、違約金『6,000円』の請求を受けることになります。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、7ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

LTE使い放題2プランの違約金

Umobileの規約により、LTE使い放題2プランに関しては、12か月の解約制限がある点が、他の契約プラント異なります。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。7ヶ月〜12ヶ月目での解約の場合には、3,500円の解約手数料が発生します。利用開始月から11ヶ月以内でプラン変更する際にも、プラン変更手数料として3,500円必要となります。LTE使い放題2プランにはこのような制限があるので、契約をする際にはその点を十分に理解しておいてください。解約違約金が少し高くなる分、月額料金が割引になるプランですので、1年以上、継続してご利用するのであれば、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

Umobile口コミについて

Umobileの魅力あるサービスとして、使い放題プランはLTEが無制限に使えるプランです。国内最速と言われるドコモのLET回線を使い放題出来るのは、他のMVNO業者にはあまりみかけないプランとなります。他のキャリアから乗り換えてこのプランを使えば、月々の携帯代を大幅に削減出来るかもしれません。

音声SIMなら、毎月400〜600ポイント還元!

契約数100万を超えた動画配信サイト「U-NEXT」で使用できるU-NEXTポイントが毎月もらえるのも嬉しい点です。もらえるポイントは、LTE使い放題2プランでは毎月400ポイント、その他のプランでは毎月600ポイントにもなります。つまり「U-NEXT」のコンテンツ単価はだいたい300円程度なので毎月2本の無料視聴サービスが受けられるということになります。映画や国内・海外ドラマ・アニメ・大人向け作品まで幅広い作品がありますので、どの年代の方でも楽しむことができます。一月あたり3000円に満たない契約で400?600ポイントも加算されるのは、メリットが大きく、とても嬉しいサービスです。

ユーモバイルのキャンペーン情報

mineo(マイネオ)徹底調査!月額費用や解約、通信スピードについてまとめてみた

mineo月額費用と解約

mineoを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、通信にかかる料金がどの程度節減できるのか、確認してみてください。それでは、月額プランを見てみましょう。

料金プラン

mineoの月額プランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの最低利用期間について

mineoの解約縛りと解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは最低利用期限が定められていない、珍しいMVNOなので、解約時に手数料がかからないという点があります。最低利用期間があるが故に、普通はなかなか気軽には契約しずらいスマホですが、これは是非一度試して見たくなる魅力的なMVNOです。しかし、MNP転出を1年たたずにしてしまうと12,420円の手数料が必要となります。音声SIMをお使いになる場合は、このことだけ注意しておいてください。

mineoの特徴

mineoとは、今話題の格安SIMフリースマホを取り扱うMVNOの一つです。月額料金もかなりリーズナブルに設定されていますので、大手キャリアからの乗り換えであれば、安くなること必須です。毎月の利用料金は1,310円でお安く利用できる格安SIMのmineoが話題となっています。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、docomoとauの回線の使いたい方を使用することができます。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。mineoって何?という方の為にも、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとAU回線を使った格安スマホサービス!

mineoはdocomoとauのどちらの回線も使うことができるマルチキャリアを利用できます。mineoを利用すれば、格安でdocomoかAUの通話品質を使うことができ、気になる対応エリアも、広い通信エリアを誇るこれらの大手キャリアと一緒のエリアです。ドコモやauのスマホでしたらそのまま利用できるので、スマートフォンを新しくしなくても大丈夫です。スマホの新規購入は値段が高いので購入しなくていいのは嬉しいところです。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。安心の通信品質の大手キャリアの回線をそのまま格安で使えますし、ドコモ回線かau回線のどちらかを選んで契約することが出来ます。値段が少し違いますがその辺りも含めて検討してみるといいでしょう。

VoLTEプランあり

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。このVoLTEは、従来の通話方式よりも音質が改善された、最も新しい通話スタイルのことです。今までは、300Hz〜3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。ところがVoLTEの場合だと聴き取ることができる音は50Hz〜7kHなので、今まで聴こえなかった音も聴けるようになりました。このことは、これまでとは比べ物にならないほどの、品質のよい通話が可能になったということを意味しています。VoLTEに対応したプランがあるという点は、mineoの大きな強みの1つです。

翌月くりこしもできる!

mineoに関しては、データ量の翌月くりこしにも対応していて、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、安心感をもって使用できるということは、大きなメリットですね。

mineoアプリの活用で、データ量圧縮!

また、mineoには、mineoスイッチというものがあり、通信速度を、ユーザー側で高速と低速の2段階に自由に切り替えて使うことができるのです。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、さらに低額なプランとして月々の料金を押えることができると思います。携帯の料金を安く済ませたいあなたに、mineoは欠かせないツールとして役立ってくれるでしょう。

mineoの通信速度

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomo回線のDプランに関しては、225MbpsのLTE回線ですし、AプランではAU 4G LTEなので、225Mbpsの通信スピードになります。ほかのブログ記事などでも紹介されていますが、日中の混雑時間帯では、高速通信ではキャリアの契約回線に勝るものはないでしょう。時間帯などを気にせず安定したインターネットを利用してされたい場合は、キャリア契約の方がおすすめと言えるでしょう。それでもなお利用料金が安いことを思えば、mineo(マイネオ)含め、格安スマホは総合的に素晴らしいサービスといえるでしょう。

mineo AU回線プランにおける通信制限について

どのMVNOにおいても一緒ですが、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、規定された容量をオーバーした利用者に対して、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。各契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、すべてのプランで、直近3日間で3GBが規定値となっています。

mineo Dプランの速度制御

mineoで、D(docomo)回線プランを契約すると、データ通信量による3日間制限がないということです。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、auプランよりもこのドコモプランで契約することで、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。その辺も加味して、どちらのプランが良いか比較検討してみてくださいね。

今月開催中のキャンペーン

結局DMMモバイルの速度は早いの?遅いの?キャンペーンや評判をまとめてみた

通信速度について

DMMmobileとは、MVNOの一つで、大手キャリアドコモの262.5MbpsLTE回線を使っています。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。通信速度は速いに越したことはないですがその分不安定になっては意味が無いわけで、その点ここは充分な早さと安定性を実現していて、口コミサイトでの評価にも、好印象な評価が書かれているようです。体感速度の早さと料金の安さを同時に追求したいという方にこそ、DMMモバイルが一番しっくりくるMVNOなのではないでしょうか。

DMMモバイルにおける速度制御

DMMモバイルの場合、低速通信を利用している時には、直近3日間に利用をしすぎてしまうと速度制限がかかってしまいます。ただし、72時間の通信データ量を基準とした制限は、高速通信については実施されませんので心配無用です。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。

DMMモバイル月額料金と解約

DMMモバイルの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、どの程度の料金を節約することができるのか、把握してみてはいかがでしょう。それでは、早速、料金プランを見ていきましょう。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの料金プランに関しては、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円となっています。

データ専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMmobileの契約縛りについて

DMMモバイルの解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。DMMモバイルのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、13ヶ月経てば、いつ解約してしまっても違約金が発生しないことはメリットですね。

DMMモバイルの口コミ

DMMモバイルを利用するにあたってのメリットは、高速通信を安定して利用できる点と月額費用の安さではないでしょうか。月額料金の安さと通信速度の安定感を重視される方には、とてもおすすめなMVNOと言えそうです。まわりで使っている人の意見を聞いてみても、その2点が、上記の2点のようです。

安定した高速通信がウリ!

DMMモバイルが評価されている理由に多いのとして、何時でも安心して高速通信利用できる安定性とです。毎月の料金が安いにもかかわらず、速度も非常に速いという点で、ますます人気のDMMモバイル。更にDMMモバイルは月々の利用代金の10%をDMMポイントとして還元してくれるので、値段と速度を重視する方には、最も注目すべき格安SIMと言えるでしょう。格安スマホで悩まれている方はDMMモバイルを検討されてみてはいかがでしょうか。

DMMモバイル格安スマホって?

今人気の格安SIIMスマホサービスを発売しているDMMモバイルは、「DMM.com」という動画配信サイトを運営している会社の格安スマホサービスです。人気の一つに業界最安値打ち出し、他社格安SIMサービス会社と比較しても、各プランとも最安値にと言えます。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。価格を抑えながらも通信速度は安定していて、動画の視聴などインターネットの通信が快適に行えることも評判です。DMMモバイルへのMNPを検討している方の為に、DMMモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、DMMモバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIM

通信費用がお得なことで有名なDMMモバイルですが、その特長はdocomoの回線を使っているところにあります。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。ドコモの多くのスマートフォンは、DMMモバイルのスマートフォンとして使えます。もちろん、DMMモバイルのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。既にdocomoのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでDMMモバイルが使えるようになりますので、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。docomoという安心できる名前のサービスを利用することができ、毎月の支払額も安く抑えることができる魅力的なサービスです。

iPhoneも24回払いで購入できる

DMMモバイルの大きなメリットの一つとして、iPhoneを分割払いで購入できるという点があります。他のMVNOでは、格安SIMフリーがありますが、これは海外製しかないですので、ほとんど場合、iPhoneの取り扱いはしておりません。しかし、DMMモバイルでは、iPHoneも取り扱っており、iPhoneを分割で購入したいのであれば、DMMモバイルはやはり魅力があります。MVNOでiPhoneを購入しようと思うのであれば、DMMモバイルを視野に入れるといいです。ですがDMMモバイルではiPhoneは売り切れ必至なので、もし在庫があるならば、すぐに申し込みをしたほうがいいです。

高速通信量の翌月繰越

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、あまり通信を利用せず、データ容量がたくさん残ってしまうという月もあるでしょう。DMMモバイルですと、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。MVNOの中には余ったデータ通信量を翌月に繰り越せないものもあるので、翌月に繰り越せるDMMモバイルはおすすめのMVNOです。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

家で即日MNPに対応している

DMMモバイルは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、インターネット上で簡単な手続きをする事によって、スマホ利用が不能になる期間を生じさせることなくMNP切り替えができます。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、今や、自宅でも出張先でも、即日MNPが可能となっています。MNPの手続きを行う際に、しばらくの間は携帯が使えないのがネックで、乗り換えをためらっていた方も、もうこれで安心です。この即日MNPは、SIMカードが届いたらDMMモバイルの会員サイトにアクセスして回線の切り替えボタンをクリックするだけで終了です。手続きも簡単なので、誰でもすぐに格安スマホに乗り換えられます。

契約中はずっと10%還元!DMM.comのポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中ずっと、料金の10%がポイントとして毎月戻ってくる、格安スマホを求めている方にとってはお得なサービスは開催されています。キャンペーンの対象となるのは、月額基本料はもちろん、その他のの料金も対象となるため、DMM.comを恒常的に利用する方にとっては、非常にお得なキャンペーンです。ただでさえ、月々の料金が業界内でもトップクラスの安さであるのに、これに10%還元がさらにつくので、月々の料金で言えば、一番コスパのいいMNMOだと言えます。月々のスマホ代の見直しを考えている方は、DMMモバイルの利用を検討してみましょう。

話題のバースト機能│低速時がより快適に。

DMMモバイルでは、独特な機能を持っているバースト転送というものを使ってサービスを提供しています。バースト機能とはどんなものなのかを解説致します。この機能は、通信速度が低いときに働くもので、初めに1秒ないし3秒ほどの間だけ高速で通信して、通信をスムーズにする機能となっております。このバースト機能によって、低速通信でもインターネット環境が快適となり、表示速度の遅さからくるイライラが解消され、スムーズにインターネットが使えますので、ネットを利用する人にとっては必見の機能になっています。ですがこのバースト機能、残念な事にIIJmioとDMMモバイルのみでしか提供していないようです。

【まもなく締切】キャンペーン詳細