通信速度

BIGLOBE SIMの場合、docomoの375Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードに関しては、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、BIGLOBE SIMならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

BIGLOBE SIMの3日間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っていました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限がかけられておりましたが、72時間制限が撤廃となりました。ということで、BIGLOBEの格安SIMにおいては、どの程度、データ通信を消費したか心配する必要はもうないんです!使いたいときに使える。それが嬉しい!

BIGLOBEの格安SIMの料金と解約

BIGLOBE LTEのプランごとの料金体系について説明します。今のスマホの月々の料金と比べながら、どの程度コストを削減できるか考えてみてください。 BIGLOBE LTEの料金プランを見てみましょう。

BIGLOBE LTEの月額プラン

BIGLOBE LTEのプランは、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データSIMの月額費用は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

解約制限について

最低利用期間と解約違約金に関して、説明していきます。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、8,000円の解約手数料が必要になります。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

BIGLOBE LTEの特徴まとめ

BIGLOBE SIMはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますこの格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。BIGLOBE SIM 独自のサービスとして、エンタメフリーというものがあります。これがとてもお得なのです!こちらのサービスの魅力。それは、今人気のYouTubeから、Google Play Music・Apple Music・AbemaTV・radikoなどなど…多様に対応した、月額のストリーミングサービスなのです。これがあれば、通信量を気にせず無制限で利用できちゃいます!そんな訳で、今回は、BIGLOBE SIMがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomo回線網を利用した格安SIMサービス

BIGLOBE LTEの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。それだけではなく、BIGLOBE LTEから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

SIMフリースマホの種類が種類豊富

BIGLOBE LTEの対応端末をお持ちでない場合、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEで取り扱っているスマートフォンは、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。

データ通信量のくりこし対応

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、使用量が少なかった月があると、余ったデータがかなり残ったままということがあると思います。しかしBIGLOBE SIMであれば、このような場合にも、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するBIGLOBE LTEの魅力が、いっそう光ります。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

通話料が半額で済む、BIGLOBEでんわ

電話代を半額にしたいならBIGLOBEでんわが良いです。IP電話と違い、このプレフィクス型電話サービスは、こちらの電話番号が発信先にきちんと通知されます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。なので、相手にはいつもどおりの電話と何ら変わりありません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使いにくいところがありましたが、BIGLOBEでんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題とは?

NTTドコモには「カケホーダイ」、auには「電話カケ放題プラン」、SoftBankには「通話し放題プラン」がありますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。BIGLOBE LTEの新サービス、月額650円で、1回3分の通話が回数制限なく無料になるという「3分かけ放題」が登場です。このは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、いままでの通話となんら変わることのなくご利用いただけるもので、利用者にとってはたいへん魅力的なサービスです。BIGLOBEでんわをご利用ならば、通話料金は1分間約22円ですので、一月の通話時間が1時間を超えるようなら3分かけ放題の利用をおススメします。

最大60分の無料通話付き!””通話パック””がお得!

そして、このBIGLOBE SIMには、3分までの通話ならば幾らでもかけ放題の月額650円のプランとは別に、オプションで通話パック60というものがあります。この通話パック60は、月額料金650円で1,200円分に相当する無料通話が追加されてくるサービスです。いつも短時間で電話が終わり、3分以上話すことがないという方には、3分かけ放題の方が圧倒的にオススメとなっておりますが、「今日は友達と長電話しちゃった、通話料金が心配」という方なら、「通話パック60」のオプションもつけられる方が断然オススメです。自分に適している通話オプションを考えてみてはいかがでしょうか。

初月は料金が無料に!

格安SIMをBIGLOBE SIMで契約すると、契約した最初の一か月間は料金はかからず無料になります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。

終了間近のキャンペーン!!